長岡式酵素玄米の道具を半額程度で揃える方法を伝授!

長岡式酵素玄米の道具については講習会に参加したレポート記事「「長岡式酵素玄米」を学びに「太陽の家」川越本部に行ってきました」でも詳細をお伝えしていますが、やはり「長岡式酵素玄米」の人気が高く、道具について聞かれるケースが多かったです。

 

 

また、炊飯器にしても圧力鍋にしても、酵素玄米を始めるのにかかるコストがみなさんのデビューの足かせになっているようにお見受けします。
まあ、長岡式酵素玄米を始めたいのであれば、やはり講習会がオススメですが、中にはコストの問題で断念している方も多いと思います。

 

 

今回はそんな酵素玄米デビューのスターターキットとも言える道具について、長岡式酵素玄米を始めたい方を前提にとっておきの秘策をお伝えしたいと思います。

 

 

ズバリ本格的な長岡式酵素玄米の道具を半額程度で揃える方法です。

 

 

 

長岡式酵素玄米に必要な道具とその解釈について

まず、長岡式酵素玄米の源流で販売されているスターターキットを確認してみましょう。

 

以下の表で必須アイテム欄に◯が付いているものが必須アイテムとなります。

 

長岡式酵素玄米の道具(正規)

必須アイテム

専用圧力鍋(ヘイワの圧力鍋)

保温用電子ジャー(象印)

しゃもじ

 

ザルとボール

 

特注泡立て器

 

専用軽量コップ

 

専用軽量スプーン

 

木の定規

 

濾過シャワー

 

玄米

小豆

サンナトリウム(塩)

醤油

 

味噌

 

玄米糀漬の素

 

直伝書

 

 

 

長岡式酵素玄米の必須アイテムはこのセットでまかなえる

酵素玄米は源流である長岡式酵素玄米が名付けたネーミングです。
一方で以前から玄米生活を提案してきた「結わえる」という会社があり、そこが提案する「寝かせ玄米」というネーミングがあります。
名前こそ違いますが、どちらも立派な酵素玄米です。

 

結わえる

 

はっきり言ってスタンス以外に違いはありません。
何故なら、やはり「結わえる」さんが炊く「寝かせ玄米」も源流は長岡式酵素玄米だからです。
分かりやすい違いとしては、1升炊きと6合炊きの差かなと思います。

 

 

そして、この「結わえる」が提案している「寝かせ玄米」というのが非常にハードルが低いんです。
個人的にそのスタンスには大きく共感する内容が沢山含まれています。

 

 

では次に、長岡式酵素玄米の必須アイテム+特典(おまけ)と「結わえる」のスターターキットを比較してみたいと思います。
必須アイテム+特典(おまけ)における違いは赤文字の部分のみです。

長岡式酵素玄米の必須道具+α

「結わえる」酵素玄米スターターキット

専用圧力鍋(ヘイワの圧力鍋1升)

専用圧力鍋(ヘイワの圧力鍋6合)

保温用電子ジャー(象印

保温用電子ジャー(TIGER

玄米

玄米

小豆

小豆

サンナトリウム(塩)

天然塩(海の精)

醤油

ごま塩

味噌

ノンカテキン・ノンカフェイン茶

玄米糀漬の素

-

直伝書

酵素玄米の書籍

81,071円+送料

45,428円+送料無料

 

 

いかがでしょうか。
見事に必須アイテムを押さえています。
保温ジャーと原材料が違うだけです。
そりゃあそうです。
同じものを炊くのにアイテムが全く異なるわけないんですね。

 

酵素玄米,スターターキット

 

しかも、大きいのは費用です。
長岡式酵素玄米の「81,071円+送料」に対し、結わえるでは「45,428円+送料無料」ですから、「35,643円」もお安く酵素玄米を始められます。

 

 

ざっくり見ても8万円の費用が4.5万に抑えられるので、おおよそ半額レベルです。
「しゃもじ」やら「計量器」、「ザルとボール」なんて大体の方が持ってますし、別途買い足しても大きな金額にはなりません。

 

 

もちろん源流の「教え」に触れられない事、初回の玄米の量が10kgと6kgですから違いはありますけどね。
事実、私が長岡式酵素玄米で得れた大きな恩恵は、やはり源流に触れるという点でした。
また、長岡式酵素玄米は講習会の受講が必須ですから、道具だけ購入というわけにはいきません。

 

 

ただ、コストが問題で酵素玄米を始められずにいるなんてもったいなすぎます。
そう言った方には朗報ではないかと思います。

 

 

結わえる


 

 

 

酵素玄米

 

私も長岡式酵素玄米を始めてから「結わえる」の存在を知りました。
また、酵素玄米炊飯器を導入したのも長岡式酵素玄米を始めてからです。

 

 

これは私のスタンスでもあるのですが、「自分が無理なく続けられるバランスが最も大事」と考えています。

 

 

  • 良いものでもコスト感は人それぞれ
  • 良いものを知るために、「あれはダメ」と否定する必要はない
  • 美味しいと思わなければ結局続かない
  • ライフスタイルとマッチしていなければ続かない
  • 続かないものに効果はない

 

 

ですから、形にとらわれすぎずに酵素玄米を楽しんで下さい。
沢山味わって下さい。
やってみれば恩恵はすぐに分かりますし、もう元に戻れるわけがありません。

 

 

皆が心身ともに健康で美しくありますように^^